2012年3月25日 (日)

紅橋市場

今日は天壇公園の近くの「紅橋市場」へ出かけました。

服飾品を中心に特に「真珠」が有名な市場のようです。

別館には玩具や文房具がたくさんあり子どもたちもよく利用する場所です。

はじめて行ってみましたが,

秀水市場などとは違ってスタッフの皆さんも落ち着いていました。

品ぞろえも多く,とても好感の持てる市場でした。Dsc_0067

2012年3月24日 (土)

盧溝橋

北京市外にある「盧溝橋」に出かけました。

日中戦争の史跡を訪ねるといろいろな感情が心に湧きます。

この大きな戦争で叔父は命を落とし,叔母はいとことともに満州から引き揚げてきました。

戦争から70年近くが経過し,戦争の記憶は私自身にも身近ではありません。

メディアや父や親族から聞いた戦争のイメージしかありません。

しかし,戦争の事実は自分なりの解釈で受け止めていくべきだと考えています。

私自身,本当の意味でこの戦争を正しく理解できるのはまだ先のように思います。Sp1030826

2012年1月29日 (日)

春節初日の天安門

春節の初日。日本では「元日」になります。

王府井と天安門にタクシーで出かけました。

北京にやって来て約数カ月,こんなに道路が空いている北京は初めてみました。

しかし「天安門」はやはり違いますね。

あいかわらずたくさんの人でごった返していました。

でも帰りの地下鉄1号線もスカスカです。ゆっくりと座席に座って帰れました。Sdscn6490

2012年1月28日 (土)

冬の頤和園

頤和園は冬も大盛況です。

たくさんの人がおられました。

違うのは湖が凍っていることです。

当然「蘇州街」の川も凍ってます。

中国の皆さんは冬の頤和園も楽しんでおられました。

さすがです。Sdscn6552 Sdscn6580

明の十三陵

八達嶺の長城見学に続いて,同じ日に世界遺産の「明の十三陵」にも出かけました。

(記事が前後しています。読みづらくてごめんなさい。)

午前10時くらいの見学でしたので,朝よりも寒さがゆるんでいました。

北京の冬にしては暖かい日和でした。

まずは「神道」見学からです。案内の方の説明では神道はあまり観光コースに入らないようです。

寒い季節のせいもあり,おかげで完全に貸切り状態でした。

お散歩にはちょうどよい距離です。季節が良ければ気持ちいいでしょうね。

碑楼から入り,800メートルほどの石畳の道を歩きます。両側にある石造もなかなか趣きがありますね。Sdscn6525

続いて「陵」の見学

公開されている「陵」は4つあり,代表的なものが「長陵」「定陵」だそうです。

案内の方の話だと「長陵」が建物は一番立派ですが,地下宮殿が観られるのは「定陵」だということを聞いて「定陵」を見学しました。

やはり「定陵」は観光客の方も多く,春節に来ると日本でいう「お伊勢参り」に似た感じのようです。

(上の写真が「神道」。下の写真が「定陵」の地下宮殿内部。)

歴史に興味がある方にとっては一日かけて観光する場所のようですが,約一時間で次の場所に移動しました。Sdscn6547

朝7時に北京市内を出発してチャーター車(7人乗りのミニバンです。10時間で1700元(約2万円)です。)で1時間20分くらいかけて「八達嶺の長城」に到着し,30分ほど見学した後に約30分かけて「明の十三陵」に移動しました。「神道」「定陵」の見学をお散歩気分ですると,終了するのがちょうど12時くらいになりました。続く・・・

2012年1月27日 (金)

花火

いよいよ春節がやってきました。

中国では旧正月である春節が本当のお正月です。

1月22日は春節の大晦日です。

街の中ではいたるところで花火や爆竹が火を噴いています。

今年は景気が減速傾向にあるせいもあって,

例年に比べて静かだそうです。

路上には花火を売るテントが立ち,たくさんの中国の方が集まっていました。

花火のお値段はというと結構お高いです。

とはいっても,売ってある花火が結構本格的なのです。

試しに購入して春節気分を味わってみました。

花火をする場所をこちらの方は気にしません。

そこら辺のマンションの玄関や路上で平気で打ち上げています。

日本人の感覚だと少し引きますね。

とっても寒かったのですが,いい思い出になりました。Sdsc_0060

(ちなみに写真がぼやけているのは火薬の粉がレンズについてしまったせいです。)Sdsc_0054 

冬の八達嶺長城

春節2日目に八達嶺長城に行ってきました。

とにかく案内の中国の方も一番寒い季節だと話されていた通りに,

とにかく寒い「万里の長城」でした。

朝8時ということもあり,観光客はまばらでした。

(ロープウェイも動いていないようでした・・・)

ほぼ貸切り「万里の長城」でした。

八達嶺は2度目ということもあり,早々に切り上げて次の場所へ移動しました。

気になったこと。

駐車場で車を降りると,すぐにお土産物屋のおばちゃんに取り囲まれます。

気になったのはおばちゃんたちが売り込もうとするものです。

ニット帽や手袋です。こちらは完全防寒で行っているので,

必要でないのは見ればわかると思うのですが…

商魂たくましいです。Sdscn6497

2012年1月 3日 (火)

お正月は肉まん?

新年も早くも3日目になりました。

あいかわらず北京の新年をまったりと過ごしています。

天気は快晴!

当てもなく地下鉄に乗ってお出かけしてみましたが、

やっぱり寒いので,2時間程度で帰宅・・・。

帰り道に肉まん屋さんで「牛肉まん」「豚肉まん」を購入。

1個1元(12円)やっぱり北京グルメは中国料理がリーズナブル。Sdsc_0030

2012年1月 1日 (日)

川が凍ってる・・・

新年あけましておめでとうございます。

元日の北京は天気もよく気持ちよく散歩をしてきました。

寒い寒いと思いながら、

ふと川をのぞくと川全体が凍っていました。

んー。すごい日本では寒い地方に住んでいましたが,

こんな様子を見たことがありませんでした。

さすがマイナス10℃以下の世界ですね。Sdsc_0026

2011年12月26日 (月)

三輪バイク

久しぶりの更新です。

北京に来て半年以上が経過し、季節も寒い時期になってきました。

なかなか外出するのが億劫です。

さて、今日は「三輪バイクタクシー」のお話です。

北京には普通の自動車タクシーの他に,

バイクに箱をかぶせたようなタクシーが走っています。

自転車道を走ることができるので、渋滞を横目にスイスイと走っていきます。

欠点は「スピードが速くないこと」「広くないこと(大人2人は狭い!)」「排気ガスが入ってきて臭いこと」かな。

でも、囲いがあるのであまり寒くないです。

金額は乗車する前に目的地を話して値段交渉です。

タクシーがなかなかつかまらず,今回初めて乗りました。

いつもタクシーで支払っている金額でお願いしました。

(聞いた話ですと、結構ぼったくられるそうなので注意です。)

まあ、寒い季節はタクシーがつかまりにくいので,緊急事態ならアリですかね。Dsc_0023_2

«北京首都国際空港